『いろいろとかゲームとか』 竹本泉 バンブー・コミックス 竹書房

初出はたくさんありすぎて複雑なので省略。
これを書こうとして初めてこれが竹書房から出てることに気づいた。中身はそのくらい多岐にわたっていてカオス(笑)
字が小さな手書きで、読んでも読んでも終わらなくてずいぶん時間がかかったのだけど、買った日に書いておこう。

いやあ、エッセイマンガ家の魅力爆発。
楽しい話がたくさんで、普通なら本にまとまることのないゲームの解説書に載ったものとかまで網羅。線画から色を塗り直しどころか、原稿が失われてるので雑誌から原稿サイズにしてトレースとか。手間のかかり方も半端じゃないですよ。
それにいちいちコメントがついてて、楽しい。
鶴田謙二の原画展に行ったはなし、その翌日に僕は行きました。和田慎二先生との楽しい会話の数々も、なんかうらやましい。
カラーページが多いのでずっしり重いこの本、値段以上に満足ですよ。

ちなみに時期的に外向き日記に書いてないけど、これの前に当たる『竹本泉のいろいろブック』ももちろん持ってますよ。
竹本泉のいろいろぶっく

竹本泉のいろいろぶっく