『月刊 鉄道模型趣味(TMS) 2017 6 No.905』 機芸出版社

買ったのも遅かったけど、ちょっと時間がかかった。
表紙を飾っているのは1/80・16.5mmの箱根登山鉄道モハ3形114号。
表紙に「ジャイロモノレール」の文字。あれか。
レイアウトは連作中のNゲージレイアウト駿河鉄道「夏から秋への登山線」ってことで、箱根登山鉄道をイメージしたレイアウト。1600×800のスペースとは思えない登山鉄道のいい雰囲気にうっとり。前回の湘南線はNゲージマガジンNo.61に掲載。それ以外はTMS379号とTMS401号と書いてあるけど、ちょっと待って。379号って、単純計算で40年ぐらい前なのでは?
「1/80 昭和の駅舎と汽車を待つ人々」は駅だけあって線路もないジオラマ。ところがここにいる人物が凄かった。1/80でここまで表現しちゃうの?素晴らしい。
で、森博嗣先生のジャイロモノレール。その後の試作機とか、他の人が作って上手くいったケース、行かなかったケースなどを紹介してポイントがどこにあるかなど。なかなか大変そうだ。
ニュールンベルクメッセ2017レポートの第3回では、ROCO/フライシュマンの巨大な山岳線のHOレイアウトが素晴らしい。あとROCOのTTゲージレイアウトもいい雰囲気。
製品の紹介ではKATOからC11のリニューアル版が出たのね。昔のを持ってるけど、45年ぐらい前の製品だもんなぁ。

鉄道模型趣味 2017年 06 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2017年 06 月号 [雑誌]