映画『天国と地獄』 @BSプレミアム

直前に番組表で気がついた。
三船敏郎主演、黒澤明監督の現代映画。
高校生の時にリバイバル公開されたのを見た。白黒パートカラー映画。
45年ぶりぐらいに見た計算だけど、面白かった。
リバイバルのときには「この映画で法律が変わった」という文章を見た記憶があるんだけど、それは出なかったな。
今からふり返ると、電車特急の「こだま」が走ってたのってほんの数年しかなくて、新幹線が登場して在来線の特急としては消えてしまったから車内の様子など結構貴重だったりして。
大藪春彦の小説もそうだったけど、東京近郊の地理が全くわからない頃見て、今見ると場所がよくわかって面白い。
a-sue.hatenablog.com
記憶ではもっと簡単に捕まった印象だったのだけど、後半が意外に長かった。
犯人の山崎努のセリフ

「幸福な人間を不幸にするってのはね、不幸な人間にとって面白いことなんですよ」

ってのは45年たっても変わらない、普遍的なテーマなのか。
江ノ電やら山下公園伊勢佐木町などの昔の風景も面白い。
堪能しました。

天国と地獄

天国と地獄