『高畑勲展 図録』

高畑勲展に行ったとき買った図録を、やっと読み終えた。
a-sue.hatenablog.com

巨大で重たい本なので、家でしか読めず、また割り込みがいろいろ入っちゃうもんだから時間がかかるかかる。
といいながら、1年かかった『ユリイカ 高畑勲の世界』と比べれば1ヶ月かかってないのだけど。
a-sue.hatenablog.com

叶精二さんと氷川竜介さんによる文章と、展示されていた資料の画像とたっぷり詰まってておなかいっぱい。
ハイジの途中から高畑勲の名前を意識して見始めたのだけど、過去作品もその後追っかけで見て、以後の作品はほとんどリアルタイムで見てるつもりだけど、あらためて解説を読むと、ああそこも新しかったのかとか気付くことがいろいろ。
そういやホルスの絵コンテは読んだことなかったなーとかあらためて気付いたり。

実は「赤毛のアン」を本放送で見たっきりほとんど見返してないんだよな。再放送だったっけ?円板は買ってないし。
マシューと同年代になって見返すと当時とは全く違う感じ方するのかな。機会を見つけて見たいものだがいつになるか。