a_sue’s diary

a_sue の日記 はてなブログ版

『愛蔵完全版 紅い牙 1~8 Kindle版』 柴田昌弘 ゴマブックス株式会社

初出

1 狼少女ラン 別冊マーガレット集英社 1975年8月号
2 鳥たちの午後 別冊マーガレット集英社 1975年7月号
3 さよなら雪うさぎ デラックスマーガレット集英社 1978年冬の号
4 タロン・闇に舞うタカ 別冊マーガレット集英社 1978年3月号
5 コンクリート・パニック 花とゆめ白泉社 1981年1、2号
6 ハトの旋律 花とゆめ白泉社 1981年4、5号
7 番外編 I 獏(ばく) 別冊花とゆめ白泉社 1982年冬の号
8 番外編 II ワタルくんスクランブル 花とゆめ白泉社 1983年9号

Amazonに載ってた初出情報から。マーガレットは集英社なのでそこだけ修正。
1巻だけ1ヶ月ぐらい前に読了してたんだけど、残りを全部読んでからまとめて書いた。
どれもリアルタイムで掲載時に読んでて、コミックも全部持ってたけど数年前の大処分で手放してしまった。
a-sue.hatenablog.com

和田慎二作品にくらべると暗い。
悪人がいかにも悪人で、追い詰められ方がつらくて。
5巻ハトの旋律で桐生仁が登場するとちょっとホッとする感じ。
エスプレッソメーカーが出てくるんだけど、この頃はこういうコンロにかけるタイプが普通だったな。

この頃僕が買ったのはアレッシのやつで、40年前36,000円した。ってなことを思い出しながら懐かしく読んだ。
7巻の番外編 I 獏(ばく)は超少女明日香とのコラボ。
読者は明日香を知ってる前提になってるが、まああの頃柴田昌弘を呼んで明日香を知らないってのはあり得なかった。

まだ安いみたいよ。