土曜プレミアム『スターウォーズ エピソード3 シスの復讐』 @フジテレビ

地上波初ということで、せっかくなので見た。
最初が20世紀フォックスのファンファーレから入るのがいい。スターウォーズは、オープニングからエンドロールまでで一つの作品になっているのだから、テレビでもここをちゃんとやってくれるのはうれしい。でも最後はやってくれないのよね。
お話は先刻承知の通りの流れなのだけど、やっぱり暗いよなぁ。第1作、エピソードIVの冒険活劇からは考えられないほど暗い。
シスの暗黒卿の心理操作もあるだろうけど、愛ゆえに道を誤るアナキン・スカイウォーカーの哀しい物語。
タトゥーインのシーンで、物語の環が閉じて完結する。
エンディングが物足りないので、DVDでエンディングだけ見たりして。といってもエンドロールを眺めながら音楽を聴くだけなのだけど、スターウォーズに関してはこれがすごく重要。エピソードIV〜VIの特別編でエンドロールを延長してそれにあわせてつぎはぎしたエンディングの無様なことといったら。
ともあれ、久しぶりに堪能しました。
次男が、試験が終ったらDVD見るといってるので、正しい見方(劇場公開版IV〜VI、I〜III、特別編IV〜VI)を教えておく。どうやら劇場公開版DVDがうちにあることに気づいてなかったようだ。